プーアル茶ってどんなお茶?

体脂肪を減らしてくれるプーアル茶、実は他にもこんな嬉しい効果が

 

流石にお茶のルーツの国と言うだけあって、中国には様々な種類のお茶があるそうです。それらは更に発酵の度合い等によって、主に緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶それに黒茶の6つに分けられています。このうち緑茶は製造工程で発酵を行いませんが、白茶や黄茶は弱発酵、紅茶は全発酵させて作られるとのことです。

 

この発酵の度合いが進む程、体に及ぼす刺激が小さくなるとされていますが、6種類のお茶の中で、その発酵の度合いが最も進んでいるのが、後発酵の製法を用いる黒茶です。そのため黒茶は体への負担も小さく、健康にも良いお茶だと言われています。

 

耳慣れない言葉かもしれませんが、後発酵とは茶葉に熱を加えて発酵を止め(殺青)、茶揉み(揉捻)、日光乾燥といった工程を経て、黒麹菌などを使って発酵させる製茶方法のこと。女性達の間で「痩せられる」と人気のプーアル茶も、この後発酵で作られた黒茶の仲間です。

 

プアール茶の原産地は中国雲南省にあり、日本にも古くに伝来し、既に国内でも400年以上も前から飲み継がれてきたのだとか、やはり中国に起源を持つ烏龍茶と並んで、今ではダイエッターを中心に広く親しまれる飲料となっています。

 

↓↓↓茶流痩々を1リットル×10回分、980円でお試しできます!↓↓↓


 

プーアル茶を選ぶ際のポイント

 

そのプーアル茶を使って、減量に取り組もうと考えている人も多いと思いますが、飲むだけで痩せるにはそれなりに時間がかかります。途中で投げ出さないためにも、これなら毎日続けられると思う製品を選びましょう。

 

又、いくら頑張って続けても、品質の劣るお茶では期待したような成果が出ないので、質の良い茶葉を見つけるのも重要なポイントです。

 

上質な茶葉の見分け方

 

茶葉の品質は栽培地の降水量、朝夕の気温差等の天候条件によって左右されます。当然のことながら、品質が異なれば得られる効果も違ってくるので、まず栽培地を把握することが大きなカギとなるでしょう。良い茶葉を収穫できる生産地のは土壌や天候条件に恵まれた土地と言われているので、その製品に使われている茶葉がどんな気候の土地で栽培されたのか調べてみて下さい。ただ収穫時は優良な茶葉であっても、加工や製造の工程でその中の有益な成分が壊れてしまうこともなくはありません。従って、出荷時の製品の状態や、それに至るまでのメーカーの製造管理の在り方まで確認できれば尚良いでしょう。

 

 

先に触れた「毎日続けられる」条件とは、具体的には飲みやすい味であることと、使い勝手が良いことを指します。たとえ品質が優れていても、自分の口に合わなかったら毎日飲む気にはなれませんからね。参考までに、プーアル茶は推積発酵による「熟茶」と自然発酵による「生茶」があり、前者は甘みのあるマイルドな味わい、後者はスッキリとした口当たりで心地よい苦みがあるので、各人の好みに応じて選び分けると良いでしょう。とは言え、最初から自分の口に合ったお茶に出会うことは少ないため、好きな味が見つかるまで様々なお茶を試すことになるかもしれません。又、好みにピッタリ合うお茶でも、毎日飲んでいると違う味が欲しくなることもあるでしょうから、適宜違う味のお茶に替えるのも良いと思います。

 

利便性

 

プーアル茶には即効性がないため、途中で飲む気を失くすと、満足な効果を得られないまま終わってしまいます。その挫折しやすい原因としては前述の「味」の他、「手間がかかる」点が挙げられるでしょう。確かに飲むたびに急須やティーポットを用意して、お茶を淹れるのでは「手間」だと感じても不思議ではありませんし、それが億劫で毎日続けられなく人もいるでしょう。そんな人達でも、例えば簡単に淹れられるティーパックであれば、続け易いものです。美味しさもさることながら、こうした使い勝手の良さも、プーアル茶で効果を得るのに大切なポイントとなります。

 

プーアル茶の減量効果とは!?

 

減量効果が期待できると言われているプーアル茶。その効果は含有成分の持つ、摂取した脂肪の吸収を抑制する作用と、脂肪を燃やす作用によって齎されるものです。次にそれらの成分について、具体名を挙げて説明することにします。

 

【脂肪の吸収を抑える没食子酸、カテキン】

 

プーアル茶には没食子酸が含まれていますが、これはポリフェノールの一種のカテキンや茶葉を発酵させる過程でそのカテキンから生成される成分です。脂質は食品から摂取された後、体内で分解、吸収され、更に皮下など体の各部位に脂肪として蓄えられることになります。脂質はその過程で胆汁の働きを受けて乳化されますが、没食子酸やカテキンは胆汁の働きを封じて、乳化を止める作用があるのです。乳化されない脂肪は体内に吸収されないため、中性脂肪として貯蔵されることもなく、体外へと排出されます。

 

【脂肪を分解する酵素、リパーゼ】

 

中性脂肪の増加を防ぐのが没食子酸やカテキンなら、既に蓄積されている体脂肪を減らしてくれるのがリパーゼという酵素です。中性脂肪は一旦、体についてしまうと、食事制限や運動をしてもなかなか落とせない厄介者で、ダイエッター達の悩みの種とされています。これを燃やしてエネルギーに変えるには、まず中性脂肪を遊離脂肪酸とグリセロールとに分解しなくてはなりません。しつこい中性脂肪も遊離脂肪酸になれば代謝しやすくなるので、エクササイズでスムースに燃焼され、体重減少に繋げられるでしょう。その遊離脂肪酸への分解をするのに必要となるのが、脂肪分解酵素のリパーゼです。プーアル茶にはこのリパーゼも入っているので、没食子酸などの作用と合わせて体脂肪を減らすのに役立つはずです。

 

他にも健康作りにプラスとなる効果が沢山

 

食事で脂質を摂取しても、それが体内で吸収されずに外に排出できれば、肥満防止に繋がります。それだけでなく、肥満を危険因子とする様々な生活習慣病、例えば高血圧、脳血管障害、心臓疾患を防ぐことになる訳です。

 

更にプーアル茶には次のような効果が期待できるので、多くの人が日常的に悩まされている各種の症状の対策に役立つでしょう。

 

腸内環境を整え、便秘を解消する

 

便秘とは、腸の活動の低下により本来なら排泄されるはずの便が体内に滞留している状態のこと。不要な老廃物が留まることで腸内環境が悪化し、やがて毒素が発生するようになります。毒素が腸内に充満すると腸壁を通って血液に入り込み、体中に運ばれ、最終的には皮膚から噴出していくのですが、その際にニキビやくすみといった肌トラブルまで引き起こすことに...。それを解消するには整腸作用を高めてお通じを良くすれば良い訳で、プーアル茶は、腸の排便機能を回復させる効果のあるポリフェノールをふんだんに含んでいるのです。ポリフェノールと言えば、有害な活性酸素によって細胞が酸化(老化)するのを防ぐ抗酸化作用がよく知られていますが、胃や腸の活動をサポートする作用もあります。腸の働きが良くなれば、善玉菌を活性化させて腸内環境を整える効果が期待できますし、そうなれば便秘やそれに伴うニキビや肌のくすみの解消にも繋がるでしょう。

 

血流を促して浮腫を解消する

 

?でも触れましたが、プーアル茶には不要な老廃物やコレステロールを外に出すデトックス効果があります。便秘の解消や予防の他、含有成分のタンニンが齎す利尿作用も期待できるでしょう。タンニンもポリフェノールの仲間であり、血流促進作用なども有することから、新陳代謝を促進させて肌荒れ解消になると言われています。更にタンニンの持つこれらの作用は、浮腫の改善にも役立つそうです。浮腫の原因については、まず塩分の摂り過ぎやミネラル分やビタミン類、蛋白質の補給不足といった栄養面での問題が考えられます。他にも仕事上、座ってばかり或いは立ちっぱなしといった身体活動の問題、更には筋肉量の不足、自律神経やホルモンバランスの崩れといった体質や体調の問題など、様々な要因が絡んでくると言われています。そうした浮腫もタンニンの入ったプーアル茶で改善に向かわせることができるでしょう。

 

二日酔い対策

 

大量のお酒を飲み、二日酔いになっている時は、肝臓ばかりか胃腸まで疲弊し、血液は粘性を帯びてドロドロ状態になっています。血行促進作用があり、腸の活動をサポートするプーアル茶は二日酔い対策にも有効です。飲み会などでお酒の量が多くなった時には、プーアル茶を試してみて下さい。

 

冷え性対策

 

女性に多い冷え性。ありふれた症状のように思われますが、「冷えは万病のもと」という言葉もあるくらいなので、侮ってはいけません。体が冷えるということは、代謝が落ちているということであり、それが引き金となって様々な病気を引き起こすこともあるからです。その体を温めるには発酵食品が良いと言われていますが、同様の効果は?菌で発酵させて作るプーアル茶にも期待できます。プーアル茶を飲むと体の芯から温まってくるのは代謝が良くなっているからで、特に冬場などは温かいお茶は効果的でしょう。又、蒸し暑い季節でもクーラーのあたり過ぎで冷えてしまった体には、アイスプーアルよりもホットの方がおススメです。冷え性に悩んでいる人は、季節を問わず、日々の食生活にプーアル茶を取り入れるのが良いでしょう。

免疫力向上と老化防止で健康作り

 

プーアル茶はマグネシウム等のミネラル分をはじめビタミン類、蛋白質(アミノ酸17種類)といった栄養素を含んでいます。中でも注目されるのはタンニンや、その一部であるカテキンといったポリフェノールで、特にカテキンには体内に侵入した細菌やウイルスを除去する殺菌効果や、免疫力を高める効果が期待できます。又、既に述べた通りポリフェノールには活性酸素の害から人体を守る働きがあるため、各種疾病の発症を防いだり、肌や内臓などの若々しさを保つ効果もある訳です。つまりプーアル茶は、健康作りとエイジングケアを兼ねた飲み物だと言えるでしょう。

 

飲用以外にもこんな利用方が...

 

プーアル茶の抗菌作用や脂肪分解作用は、飲んだ後の出涸らしにも残っています。せっかくお金を出して購入したお茶ですし、そのまま捨ててしまうより、これを再利用しない手はありません。

 

例えば吹き出物やニキビ対策として、お茶の出涸らしで顔を洗ってみるのも一案です。お茶の持つ抗菌作用には、それら肌トラブルの発生を防ぐ効果があるそうです。

 

又、衛生的に保つ必要のある食器や調理器具なども抗菌作用のあるお茶の出涸らしで洗うと良いのだとか。しかもプーアル茶の脂肪分解作用が、食品や調味料の油分も流してくれるので、油汚れを落とすのにもおススメです。

 

まとめ

 

以上見てきた通り、プーアル茶は減量をはじめ、体に好ましいとされる幾つもの効果が期待できます。それらの効果を確実に実感するには、地道に継続することが大切です。そのプーアル茶で健康でスリムな身体手に入れるためにも、品質が良くて美味しく、手軽に飲み続けられるお茶を見つけて下さい。

一口に貧血と言っても幾つかの種類があり、その原因も種類ごとに違います。ただその中でも女性を中心に最も発症者が多いとされるのが、鉄分不足を原因とする鉄欠乏性貧血でしょうう。更にこのタイプの貧血は減量中にも陥りやすいので、注意しなくてはなりません。鉄分は赤血球中のヘモグロビンを構成している主要な成分です。ヘモグロビンには体中に酸素を送り届ける役割があるため、その構成成分である鉄分が少なくなると、ヘモグ...

「プーアル茶は健康に良いと言うけれど、あまり好きではない」という人は少なくないようです。敬遠される原因はおそらく発酵や熟成の過程で生じる独特の黴臭さにあるのではないでしょうか。この臭いも蒸気殺菌すると弱くなるので、気になる人はそうした処理が施された製品を選ぶと良いでしょう。尚、茶葉の発酵期間や熟成期間は長い方が良く、水も硬水よりも軟水を使った方が味も色合いも良いお茶が淹れられます。もっと拘るのなら...

職場でも家庭でもとにかく忙しいのが現代人。時間に追われるあまり、運動不足になったり、外食ばかりで栄養が偏ったり、十分な睡眠をとらなかったり...といったことはありませんか? おそらく大抵の人は、こうした不規則な毎日を送っていながら、自身の健康状態を把握しきれていないのではないかと思います。しかし先々のことまで考えれば、日々の健康管理は重要な課題となるはずです。一般に日本人の平均寿命は長く、世界的に...

スリムになりたい、何時までも若々しくキレイでいたい...大概の女性はこうした願望を抱いています。そんな女性たちの間で話題を集めているのがプーアル茶で、減量という観点からは女性達だけでなく、男性の間でも広く愛飲されているのだとか。人気の理由としては、お茶なら毎日のティータイムにでも取り入れられて、サプリメントのように飲み忘れる心配がない点が受けているとも考えられます。ただそれ以上に大きな理由となって...

↓↓↓茶流痩々を1リットル×10回分、980円でお試しできます!↓↓↓


TOPへ