緑茶ダイエットの落とし穴「貧血」、プーアル茶には無縁!?

一口に貧血と言っても幾つかの種類があり、その原因も種類ごとに違います。ただその中でも女性を中心に最も発症者が多いとされるのが、鉄分不足を原因とする鉄欠乏性貧血でしょうう。更にこのタイプの貧血は減量中にも陥りやすいので、注意しなくてはなりません。

 

鉄分は赤血球中のヘモグロビンを構成している主要な成分です。ヘモグロビンには体中に酸素を送り届ける役割があるため、その構成成分である鉄分が少なくなると、ヘモグロビンも十分に生成されなくなってしまいます。その結果、体中が酸欠状態になるのですが、この現象こそが鉄欠乏性貧血です。

 

↓↓↓茶流痩々を1リットル×10回分、980円でお試しできます!↓↓↓


 

ダイエット茶で貧血に!?

 

減量中に貧血を起こす理由として、食事制限に伴う鉄分の摂取量が不足が考えられるでしょう。ただ実際には、ダイエッターの多くが全般的には食べる量を控えながらも、鉄分量の多い野菜は積極的に摂っているのではないでしょうか? 低エネルギーの野菜なら減量中でも食べられるし、鉄分が摂れるなら貧血対策にもなるという訳です。

 

しかし食事制限と合わせてダイエット茶を併用すると、いくら鉄分を補給しても足りなくなることがあります。それというのもお茶には鉄分の吸収を阻害する性質を持つタンニンを多く含んでいるからです。

 

タンニンはポリフェノールで、緑茶に豊富に含まれるカテキンもこのタンニンの一種です。カテキンには脂質の代謝を促して体脂肪を減らす優れた効果があり、ダイエット茶もその働きを活用した減量方法になります。

 

このためカテキンを摂取して体重を減らそうと、積極的に緑茶を飲むダイエッターが少なくないのですが、実はそこに「貧血」という落とし穴が待っていたのです。減量中でも鉄不足にならないよう食事内容に気を配っているのに貧血になるのは、一方でお茶から多量にタンニンを摂取しているから。これではせっかく鉄分を摂っても、体の中で充分に吸収されません。

 

貧血を回避しながら減量をするには?

 

確かにダイエッターたちにとって、脂肪を減らすタンニンは魅力的な成分です。更にお茶にはタンニン以外にも減量を手助けしてくれる頼もしい成分がたっぷりと含まれています。しかし、飲み過ぎによるタンニンの過剰摂取やそれに伴う貧血には警戒すべきでしょう。

 

緑茶によるダイエットを続けていると、貧血を起こすだけでなく、それを更に悪化させることにもなりかねません。事実、ダイエット茶を飲んで目標の体重にまで減量できたけれど、今度は貧血に悩まされるようになったという話もよく聞きます。幾ら体重を落とせても、これでは綺麗になったと言うよりも、不健康になってしまったと言うべきでしょう。

 

一方で、「食事制限だけでなく、肥満防止の効果のあるタンニンの力を借りたい」という根強い要望があるのもまた事実。この相矛盾する問題を同時に解消してくれるのが、中国茶のプーアル茶です。

 

貧血防止に役立つビタミンB群とアミノ酸

 

プーアル茶の特徴は、他のお茶と比較してタンニンの含有量が格段に少ないこと。勿論、お茶である以上、全く含まれていない訳ではありませんが、鉄分の吸収を阻害する程の量ではありません。一方で鉄分を豊富に含んでいるので、プアール茶を愛飲することで寧ろ貧血対策に有効な鉄分をしっかり補えるようになるのです。

 

更に鉄分以外にも、プーアル茶からは以下にご紹介するような有益な成分が摂取できます。

 

【ビタミンB群】

赤血球を作るのに重要な栄養素で、中でも欠かせないのがビタミンB??です。B??は同じビタミンB群に分類される葉酸(ビタミンB?)と共に、赤芽球から赤血球を作り出す役割を担っています。このため貧血を防止するためには、ビタミンB??や葉酸の摂取が求められるのですが、これら抗貧血性ビタミンにも富んでいるのが、プーアル茶という訳です。

 

【アミノ酸】

自然界ではおよそ500程存在すると言われるアミノ酸のうち、人体を作る蛋白質の構成成分となるのは20種類程に過ぎません。しかし20種類とは言え、それらが足らなくなると体内で蛋白質が充分に合成されなくなってしまいます。ヘモグロビンというと鉄分ばかりが注目されますが、実はこれも鉄の「ヘム」と蛋白質の「グロビン」から成り立っている成分なのです。このため、ヘモグロビンを活性化させるにはアミノ酸も意識して摂取する必要があるんですね。プーアル茶には蛋白質を構成する20種類のアミノ酸のうち、17種類までが含まれています。このお茶を毎日の生活に取り入れることで、上記の鉄分やビタミンB群と一緒にアミノ酸もしっかり補給できるでしょう。

 

プーアル茶で健康的に減量しよう

 

若し減量中にめまいや動悸といった症状が現れたなら、鉄欠乏性貧血になっているのかもしれません。その際、減量目的で緑茶を飲んいたのならプーアル茶に替えてはいかがでしょうか。貧血を防ぎながら減量できるので、健康的に痩せられるでしょう。

↓↓↓茶流痩々を1リットル×10回分、980円でお試しできます!↓↓↓


TOPへ