血糖値を正常化できれば、健康にも美容にも良い影響が...

職場でも家庭でもとにかく忙しいのが現代人。時間に追われるあまり、運動不足になったり、外食ばかりで栄養が偏ったり、十分な睡眠をとらなかったり...といったことはありませんか? おそらく大抵の人は、こうした不規則な毎日を送っていながら、自身の健康状態を把握しきれていないのではないかと思います。

 

しかし先々のことまで考えれば、日々の健康管理は重要な課題となるはずです。一般に日本人の平均寿命は長く、世界的にも長寿大国とみなされていますが、実際には脳梗塞や心筋梗塞で命を落としたり、糖尿病など様々な病気と闘っている人も少なくありません。しかもこれらの病気は日頃の生活習慣と密接な関わりがあることが分かっています。

 

「健康管理が大事なのは理解しているけれど、何から手を付けて良いのか分からない」と言うのなら、まずは不健全な生活を送っていないか見直して下さい。特に血糖値に関しては適正にコントロールできていない人が多いので、気を付ける必要があるでしょう。

 

↓↓↓茶流痩々を1リットル×10回分、980円でお試しできます!↓↓↓


 

血糖値が上がるとこんな悪影響も

 

血糖値と言うと、すぐに糖尿病を連想しがちですが、それ以外にも肥満や肌の劣化といったもっと身近な形で弊害をもたらすことがあります。

 

例えば肌のハリや弾力性に関りのあるコラーゲンも血糖値の影響を受けやすいと言われています。血糖値が上昇すると、AGEs(終末糖化産物)が生成されやすくなり、それが肌に蓄積してしまうとコラーゲンが劣化するというのです。つまり老化現象が起きる訳で、弾力性を失くしたり、脂肪が溜まってかをが弛んだり、皺が目立ったりと、肌にも美容にも何も良いことはありません。

 

もっとも人間の体には、血液中の血糖の濃度が上がるとそれを一定の水準に調整する仕組みが備わっています。具体的には炭水化物等の糖質を代謝する際、膵臓からインシュリンというホルモンを分泌し、糖を体中の細胞に送り届けるのですが、糖質に余剰が出ると、それが脂肪細胞に蓄えられてしまいます。糖質を過剰に摂取すると体脂肪が増えて太るのには、こうした理由があるからなんですね。

 

要するに糖質の摂取と血糖値には深い繋がりがあるということです。肥満を気にする人は、しばしば行き過ぎた食事制限を課すなど、体に負担となる減量方法を試みたりするのですが、これでは健康への影響が懸念されます。寧ろ引き締まった体形と若々しい肌を維持するためには、血糖値のコントロールを考えるべきでしょう。

 

そうした中、体への負荷をかけずに血糖値を落ち着かせる方法として注目されているのが、プーアル茶の飲用です。

 

含有成分のサポニンが血糖値対策に有効

 

プーアル茶と言えば、ダイエットに役立つお茶として知られていますよね。その含有成分のうち、血糖値対策に有効とされているのがサポニンという配糖体です。

 

何故、サポニンに血糖値を抑える作用があるのか、現時点ではそのメカニズムは十分に明らかにされていませんが、糖尿病に効果があることは確認されています。サポニンには血液中の中性脂肪を減らしたり、肝機能や血流を改善させる効果があるので、これが血糖値を制御するのに有効なのでしょう。

 

プーアル茶の他にも大豆などのマメ科の植物や牛蒡にも豊富に含まれています。何れもヘルシーな食品として知られており、これらの食品を意識して摂取できれば良いのですが、毎日食べ続けるのは容易でないかもしれません。

 

又、体を動かすことも血糖値を落ち着かせたり、体重を減らすのに有効ですが、これも日々の習慣にするのは難しいのが現実です。

 

その点、プーアル茶なら食事中でも休憩時間にでも手軽に取り入れられるので、挫折することなく毎日の習慣にできるのではないでしょうか。

 

プーアル茶で血糖値を制御

 

高血糖の状態を放置しておくと糖尿病などの生活習慣病や肥満を招くにも拘わらず、世間一般のこの問題への危機意識は案外低いようです。実際、「血糖値を測定するのは医療機関で健康診断を受ける時くらい」という人は少なくありません。

 

しかしこれまで述べてきた通り、健康管理やダイエットのためには、適正な血糖値を保つことが欠かせないのです。ダイエットと言うと、少し不健康な印象を受けるかもししれませんが、「健康であること」と「太りにくい体質」には密接な繋がりがある訳です。

 

そこで、つい食べ過ぎてしまった時には血糖値が上昇し過ぎないようにプアール茶を飲むようにしてはいかがでしょうか。そうすることで、太りにくい体質になると同時に、生活習慣病の予防にもなると思われます。

↓↓↓茶流痩々を1リットル×10回分、980円でお試しできます!↓↓↓


TOPへ