ダイエットだけでなく、血圧が気になる人にもおススメしたいプーアル茶

「プーアル茶は健康に良いと言うけれど、あまり好きではない」という人は少なくないようです。敬遠される原因はおそらく発酵や熟成の過程で生じる独特の黴臭さにあるのではないでしょうか。この臭いも蒸気殺菌すると弱くなるので、気になる人はそうした処理が施された製品を選ぶと良いでしょう。

 

尚、茶葉の発酵期間や熟成期間は長い方が良く、水も硬水よりも軟水を使った方が味も色合いも良いお茶が淹れられます。もっと拘るのなら、ピュアウォーターやミネラルウォーターを使って淹れるのがおススメです。

 

淹れる時、お湯を急須に注いだ後の一煎目のお茶は捨ててしまいましょう。このようして簡単に茶葉を洗ってから再度お湯を注ぐのがポイントです。今度はお茶のエキスが充分に抽出されるまで5分程度を目安に、ゆっくり待ってから湯呑に注ぎましょう。

 

このように茶葉や水、淹れ方に少し気を使うだけで、苦手なプーアル茶も美味しく飲めるようになりますよ。

 

↓↓↓茶流痩々を1リットル×10回分、980円でお試しできます!↓↓↓


 

高血圧の原因とその危険性

 

プーアル茶は減量効果や便秘解消に良いことで知られていますが、実は血圧をコントロールするという嬉しい効果もあります。

 

高血圧は最初のうちはハッキリとした症状がないので、つい見過ごされがちですが、実は危険な状態なのです。これを放置しておくと動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞といった恐ろしい病気を誘発する恐れがあります。従って普段から予防に努めると共に、万が一、血圧が高いと診断された場合には、すぐに適切な処置を講じなくてはなりません。

 

高血圧は生活習慣病の一つに数えられます。その対策を立てるには、まず何が原因か突き止めることが大切ですが、一口に原因といっても、現実には様々です。それでもやはり、栄養面で偏りのある食事ばかり食べていたり、体をあまり動かさないとリスクが高くなるようです。こうした生活を送っていると血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が増えてしまい、血液が粘性を帯びてきて血流が悪くなってしまうからです。そうなると体は血管に圧力をかけてでも血液を循環させようとするので、血圧が高くなり、無理な負担を強いられた血管は弾力性を失っていきます。このように老化し硬直化した血管の行き着く先が動脈硬化という訳です。

 

又、塩分の摂り過ぎが良くないことはよく知られていますね。これは血液中の塩分濃度が高くなりすぎると、浸透圧を一定に保つため血液中に多量の水分が取り込まれ、血液の量が増えるからです。血液の量が増えれば、心臓もそれを体中に循環させようとフル稼働せざるを得ないので、結果として血圧も上昇してします。

 

プーアル茶に含まれる成分

 

仮に動脈硬化によって血栓症を招いたりすると、次は循環障害による梗塞を発症するリスクが増大し、命にも関わる問題になるでしょう。

 

その怖い高血圧にプーアル茶が有効なのは、は次のような成分が摂取できるからです。

 

【カリウム】

ナトリウムの排泄を促すミネラルで、体内の不要な塩分や老廃物を取り除く効果がある。

 

【タンニン、カテキン】

タンニンはポリフェノールの仲間で、カテキンはそのタンニンの一部。細胞を劣化させる有害な活性酸素を封じ込める作用があるため、血管の衰えを防ぐ効果が期待できる。

 

【リパーゼ】

中性脂肪の分解に関与する酵素。コレステロール対策にも有効とされる。

 

 

プーアル茶はあくまでお茶であって医薬品ではないため、飲めばすぐに効果が出る訳ではありません。しかし薬よりも取り組みやすいので、毎日気楽に飲み続けることで、血圧も少しずつ血圧を安定していくでしょう。それにお茶なら副作用も気にする必要がないので、安心して飲めますよね。

 

若し血圧に不安があるのなら、冒頭で紹介した淹れ方を参考にしながら、是非ティータイムにプーアル茶を取り入れて下さい。今飲んでいるお茶をプーアル茶に替えるだけで、お茶を楽しみながら血圧をコントロールできるのですから、それこそ一挙両得だと思いませんか?

↓↓↓茶流痩々を1リットル×10回分、980円でお試しできます!↓↓↓


TOPへ