プーアル茶で妊娠中の体重と体調を適正に管理しよう

体内での脂肪の吸収を抑えてくれたり、高いダイエット効果が得られると評判のプーアル茶。薬を使ったダイエット法などと違い、「お茶なら安心」というのも愛飲者が多い理由かもしれませんね。では基本的に薬を飲めない妊婦にも、こうした「安全性」がそのまま当てはまるのでしょうか?

 

妊娠すると平常時以上に体調など健康管理に気を配る必要があります。その中には妊娠中の体重の増えすぎから産後太りも視野に入れた体重管理も含まれます。妊娠中や出産後も綺麗でいるためにも、如何にして適正な体重を維持するのか...そのように頭を悩ませている妊婦達がプアール茶の活用を考えるのは、ごく自然なことです。

 

勿論、減量方法なら他にも幾らでもありますが、ホルモンバランスが乱れがちで体調に波の出やすい妊娠期間中に、体に負担となるダイエット法は禁物です。それで栄養が偏ったりすれば、母体にも胎児にも良いはずがありません。これがお茶を使ったダイエットなら、妊娠中でも余計な負担をかけずに実践できそうな気がしますよね。その一方で、妊婦さんの多くはお茶に含まれるカフェインを気にしているのではないでしょうか。

 

↓↓↓茶流痩々を1リットル×10回分、980円でお試しできます!↓↓↓


 

妊娠中はカフェインを控えるべき

 

それというのもカフェインには赤血球を作る鉄分の吸収を阻害する働きがあるからです。妊娠すると血液量が増えますが、その割には酸素を運ぶ赤血球の量は増加しません。その一方で胎児の発育に鉄分が使われるなどして、母親の体は貧血を起こしやすい状態になります。つまり、ただでさえ鉄分が足りないところへカフェインの入ったお茶を飲むのは、自ら貧血を招く行為とも言える訳です。

 

又、発育途上にある胎児への影響も懸念されます。何故ならカフェインは容易に胎盤を通過してしまうため、胎児の肝臓などに発達障害が起きたり、早産や流産のリスクを高めることも考えられるからです。

 

ただプーアル茶に関してはカフェインの含有量が多くないことから、それ程気にする必要はないでしょう。とは言え、本来はこれも緑茶同様、カフェインを含む茶葉から作られるお茶であることには変わりありません。ただ発酵期間を置くことで、不発酵茶と比べれば含有量が少なくなるというだけです。従って、プーアル茶にもカフェインそのものは含まれています。

 

それでも常識の範囲を超えてがぶ飲みするので限り、妊婦がプーアル茶を飲んでもカフェインを摂りすぎることはないと考えられます。ただプーアル茶に加え、コーヒーなどカフェインを含む飲食物を摂る場合には、胎児に負担にならないよう、トータルでの摂取量に気を付けるべきでしょう。

 

プーアル茶は飲みたいけれど、カフェインの量が気になるのなら、通常よりお茶を薄めに淹れてみて下さい。

 

妊婦がプーアル茶を飲むメリット

 

上記に指摘した点さえ忘れなければ、寧ろ妊娠中でもプアール茶を飲むメリットがあり、お勧めしたいくらいです。

 

妊娠中にはストレスに悩まさせることも少なくありませんが、そんな時、身も心もほぐしてくれる温かいプアール茶をを口にすれば、リラックスできると思います。それで体重の管理もできるのなら、こんな良いことはないでしょう。

 

更に肥満改善やダイエット効果だけでなく、プーアル茶には利尿作用やむくみ改善などのこうかもきたいできるのです。特に妊娠中はむくみの出やすい時期でもあるので、その対策にも役立つはずです。

 

又、産後太りを防いだり、母乳の分泌を促す効果もあるため、出産後にも頼もしい存在となってくれるでしょう。

↓↓↓茶流痩々を1リットル×10回分、980円でお試しできます!↓↓↓


TOPへ