茶流痩々で原料に挑んだ人の体験談と、効果を引き出す飲み方

株式会社荒畑園の「茶流痩々」は、減量を目指す人たちの間で大きな注目を集めているダイエットプーアル茶です。お値段は決して安くありませんが、定期コースだと2916円、トライアルなら669円と、比較的お手頃な価格で入手できます。とは言えその人気の理由は、やはり品質の良さと安全性の高さにあるようです。

 

原材料には全て静岡県の牧之原台地で生産された「やぶきた茶」を使用。それを一定の温度を保ったクリーンルームで、選び抜いた上に独自の技術で培養した黒麹菌を使ってじっくり80時間も費やして発酵。このようにして作られたお茶ですから、極めて安全で味も香りも格別なのは言うまでもありません。

 

しかも飲んで美味しいだけでなく、この発酵の過程でダイエットに良いとされる没食子酸が緑茶のおよそ25倍の量にまで増えているのも見逃せない点でしょう。没食子酸とはカテキンから変化しで出来るポリフェノールの一種で、脂肪が腸内で吸収されるのを抑え、体外に排出する作用があるとされる成分です。

 

それに加え、茶流痩々には排尿を促したりお通じを良くすることで太りにくい体質に導く効果もあるのだとか。

 

では実際にこのお茶を飲んだ人にどのような効果があって、どういった感想を持ったのか、早速口コミを通して調べてみることにしましょう。

 

↓↓↓茶流痩々を1リットル×10回分、980円でお試しできます!↓↓↓


 

ユーザーの飲み方や口コミ

「以前より飲食の量が多くなり、これではいけないと思っていたところ案の定、すっかり体重が増えてしまいました。そこで茶流痩々を飲み始めたら、スローペースとは言え、体重が落ちていったのです。この調子で根気よく飲み続ければ元の体重まで戻れると、一応の目途が立ちました。」

 

「商品を注文したら、何と手書きのメッセージも添えて送られてきました。荒畑園さんは細かな配慮をしてくれる会社のようですね。勿論、プーアル茶自体もキレイな茜色で飲みやすいし、とても気に入っています。」

 

「茶流痩々に出合うまで、プーアル茶というのは黴臭くて飲みにくいお茶という印象しかありませんでした。正直、茶流痩々に対しても飲む前は抵抗感があったのですが、痩せるためなら仕方がないと思って口にしてみたところ、プーアル茶がこんなに美味しいなんて! とビックリしたものです。減量できる上に美味しいのですから、これなら挫折せずに続けられると自信が持てました、」

 

「なかなかお通じが来なくて便秘薬が手放せなかったのですが、これを飲むようになってからその悩みも解消され、今では便秘薬がなくても過ごせるようになりました。それからお菓子を止めた訳でもないのに体重も少なくなってきたんですよ。糖分を摂っているのに痩せられるうんて、これはダイエット茶としても本物だな〜と実感しました。自分としてはお茶の代わりに毎日飲んでいたつもりだったのに、こんな成果が得られるなんて本当に嬉しいです。」

 

「便秘気味で苦労していましたが、茶流痩々を飲んでから、お通じが自然に来るようになり、毎日スッキリした気分で過ごせるようになりました。プーアル茶特有の渋みも気にならない味ですし、口当たりが柔らかくて飲みやすいので続けやすいのも良いと思います。」

 

上記に挙げた口コミの要点を求めると、

 

 

  1. ペースは緩やかであるものの痩せる効果があり、多くの人が理想の体重まで減量できると手応えを感じている
  2. 独特の黴臭さがないため、プーアル茶が苦手な人でも他の種類のお茶代わりに美味しく飲むことができる
  3. お通じも良くなるため、それによって痩せやすくなる

 

 

の3点になると思います。茶流痩々以外にも色々なプーアル茶が流通していますが、他の製品では癖があるため飲む気になれないとか、飲んでもすぐに挫折してした人も多いはずです。しかし先の?からも分かる通り、茶流痩々ならそうした癖がないのでプーアル茶の嫌いな人にお勧めできます。

 

プーアル茶も万能ではない

 

 

ただ早く結果が欲しい人にとっては、上記?のような特徴のあるプーアル茶には満足できないと思います。そもそもお茶はダイエット薬ではないため、飲んだら直ちにスリムになれるという訳にはいきませんからね。

 

また手間も時間もかけずにアイスで飲みたいのであれば、冷水に溶かして作るタイプの商品を選んだ方が良いでしょう。確かに茶流痩々もアイスで飲めない訳ではありませんが、それには一度お湯で煮出したり、レンジで加熱した後で冷まさなくてはならないので、それだけ時間もかかってしまうからです。

 

ダイエット茶としての効果を引き出すために

 

それでも「美味しいお茶で痩せられたら一石二鳥」とばかり茶流痩々い飛びつく人の方がずっと多いと思います。でも同じ飲むなら、その効果を確実に引き出せるお茶の淹れ方や飲み方を抑えておきたいものですね。以下にその正しい方法を掲載しておくので、参考にして下さい。

 

分量の目安

 

茶流痩々のティーパック1包には5g分の茶葉が入っています。作る時は茶葉1包に対し水またはお湯1リットルを使うのが目安で、以下の説明はこの割合になります(急須1回分を除く)。

 

作り方

 

【鍋で煮出す】

やかん又は鍋におを注ぎ、ティーパック1包を2分くらい浸す。煮出したらティーパックを取り出す。

 

【急須で入れる】

急須にティーパックを入れてお湯を注ぐ。抽出時間は煮出す時と同様、2分程度。急須なら1包で5煎目まで抽出できる。

 

【電子レンジで加熱】

専用のポットにティーパックと水を入れ、500Wの電子レンジで13分くらい加熱する。比較的楽な作り方。

 

【アイスで飲む場合】

上で説明した何れかの方法でお茶を入れ、粗熱が取れてから冷蔵庫へ入れ、冷やす。

 

最後にワンポイントアドバイス

 

緑茶を原材料とする茶流痩々は、基本的に他の普通のお茶と同じように飲んで差し支えありません。摂取量の上限などもないので、例えばサプリメントのように飲み過ぎを気にしなくて良いでしょう。

 

一方で、これはお茶の作用でお通じを良くしたり利尿作用を促すことで体質改善を図り、減量を一歩一歩進めていくといった性格のダイエット法でもあります。そのため短期間に目に見える効果が出ることはありません。それでも運動と組み合わせることで、より効果を引き出しやすくなると言われています。その場合、予めプーアル茶を飲んでから運動をするのがおススメです。特に運動するのでなければ、成分を吸収しやすいと言われる食事中若しくは食事の前に飲むのが良いでしょう。

↓↓↓茶流痩々を1リットル×10回分、980円でお試しできます!↓↓↓


TOPへ